Wi-Fiと光回線の関係とは?

最近ではかなり年配の方でもインターネット通販などを用いて買い物することも多くなり、各種支払い方法や契約に関連してスマートフォンやパソコンで申し込みや設定をすることも増えていると思います。スマートフォンを利用する場合パケット容量の問題がありますので、家の外であまりに動画をたくさん視聴してしまったり、重たいデータのダウンロードをしてしまうとあっという間に速度制限がかかってしまうということも少なくないでしょう。そのため家でWi-Fi環境下で動画の視聴を楽しんだりデータのダウンロードをする人がほとんどです。家にインターネットを引くという事について言えば、以前であれば光回線を契約して有線でつなぐというイメージがあったのではないでしょうか。最近では家でWi-Fiを使えるようにするという言い方をすることが多いですが、このWi-Fiと光回線は一体どのように違うのでしょうか。今現在自宅でインターネットを使えるようにしていない人はどのように契約を進めていくのが良いのでしょうか。

Wi-Fiと光回線の違い

Wi-Fiなんとなくインターネットに関係する用語をごちゃまぜにして使っている人も多いと思いますが、光回線とWi-Fiは根本的に違いがあり、話の流れによってはこの違いを理解していないと話が噛み合わないことにもなります。まず光回線というものはインターネットを利用する際に必要な回線のことです。一方のWi-Fiというものは光回線等でインターネットの利用ができるようになった状態が前提で、その回線を無線によってネット接続ができるようにするためのものです。光回線が整っていればLANケーブルを接続すればパソコン等でインターネットを利用することができます。しかしWi-Fiを使うためにはまず無線ルーターが必要になってきます。

一般的にWi-Fiルーターという風にも呼ばれますが、このルーターを介することによって複数のデバイスでインターネット通信が使えるように電波を飛ばすことができるわけです。つまり光回線を契約しただけだと有線でパソコンとつなぐしかありません。さらにそこからWi-Fiを使うためにはまず無線ルーターが必要になってきます。Wi-Fiルーターを使用すれば基本的にワイヤレスで様々なデバイスを同時使用することができるというわけです。ただしWi-Fiをキャッチする機能がないパソコン等ではWi-Fiを利用してインターネット接続することはできません。デスクトップのパソコンやノートパソコンを使用している人でWi-Fiを利用したい方は、まず自分が使っているパソコンがWi-Fiをキャッチできるタイプのものかどうか確認しなければなりません。無理なら有線LANケーブルで接続する必要があります。

最近はWi-Fiがなければ不便な時代になってきた

最近のインターネット使用環境を考えると自宅でWi-Fiがなければかなり不便な状態が起きてしまうでしょう。というのも以前であればパソコンは一家に1台というところも多かったですが、今では家族の一人一人が自分のパソコンを持っていたり、同時にタブレットやスマートフォンを持っているというのが普通の時代になってきました。4人家族であれば常時10台ほどの端末がインターネットに接続されているということもザラです。こうしたことを考えると光回線を引いただけで有線でインターネットを使用するというのはもはやあまり現実的な方法では無いのではないでしょうか。

ビジネスマンにとっても自宅はもちろん出張先のホテルや出先のレストランやカフェでもWi-Fiを使えるというのが非常に重要なポイントとなっています。さらに学生さんにとっても勉強を外でやる場合に、調べ物するためにスマートフォンをWi-Fiにつなぎたいという人も多いでしょう。やはりWi-Fiの最大のメリットとしては同時接続できるデバイスの多さということになるのではないでしょうか。

無線接続と有線接続では通信速度に違いがある

こうして考えてみると有線でインターネット接続するメリットなどもはやないように感じるかもしれませんが、実は無線でインターネットに接続するのと有線で接続するのでは通信速度に違いが出てきます。有線で接続した方が本来の通信速度でインターネットを使用することができ、快適に動画閲覧等ができます。とはいえWi-Fiにおける通信速度もどんどん良くなってきたため、最近では不便が生じるほど通信速度が低いという事はありません。それにこの通信速度に関してはWi-Fiの無線ルーターを購入する際、スペックが高いものを選ぶことによって通信速度の低下が気にならない位の質にすることができます。

最近では多くのオフィスでWi-Fiが使用されているので、ノートパソコンやタブレット端末をWi-Fiに接続している職場が多いことでしょう。それでもデスクトップのパソコンに対してはきちんと有線で接続しているのが普通ではないでしょうか。それで現在自宅にインターネットをひいていなくて、新たに回線を契約したいと思っている場合は、自分のデスクに置いてあるパソコンに対しては有線で接続し、残りのノートパソコンやタブレット端末、スマートフォンはWi-Fi接続するというのが一般的な用い方かもしれません。まずは光回線等をきちんと契約し、その後Wi-Fiで使用できるように設定する必要があります。

まとめ

特に年配の方や、若くても電子機器にあまり詳しくない方であればこうしたインターネットの設定をするということをかなり難しいことと考えてしまうかもしれません。ですが最近では設定を全て業者に任せることもできますし、自分の友人知人を見渡してみると大体1人位はこうした機械関係に詳しい人がいるのではないでしょうか。回線が契約できてしまえば、Wi-Fiルーターを購入して設定するのはそれほど難しいことではないので、知り合いの助けを得ながら無線ルーターを設置して快適なWi-Fi環境を手に入れてみましょう。無線ルーターの価格もピンからキリまでありますが、一般的なスペックの商品であれば5千円から1万円くらいの間で手に入ると思いますので、購入を検討してみてください。